MacBook Air 13 Early 2015 水没処理 修理 バックアップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「子どもが水をこぼしてしまったようで電源も入らず動かなくなってしまいました。データもとりたいです」とお越しです。

今年もお世話になりました。どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。初商いは1月5日(火)です。

さて、こちら天板、キーボードの上から水をこぼしたのではなくて、こぼれた水の上にあったということです。浸水したような感じになりますか。キーボードなどの損傷は少なそうですね。

ファンをとると、水気が入っているのが見えました

ファンをとると、水気が入っているのが見えました

基板を取り外すと思ったよりもあちこちにサビが出ているのが見えました。まずは全体洗浄と個別に汚れを落としていきます。

今回の水侵入以前に錆びてきていた部分もあるかも知れません。

今回の水侵入以前に錆びてきていた部分もあるかも知れません。

 

注意深く見ていきます。

注意深く見ていきます。

 

トラックパッド周りのコネクタにも腐食箇所我ありました。

トラックパッド周りのコネクタにも腐食箇所我ありました。

全体洗浄後、目視で基板をきれいにして、電源投入です。

運良く電源入りました!

起動時に「D」を押すとセルフチェックができます。異常なしです。

起動時に「D」を押すとセルフチェックができます。異常なしです。

動作チェックは問題なしです。電源、動作、キーボードのそれぞれの動作チェックもおかしいところはありませんでした。

お客様に提案したところ、念のためのデータバックアップもご用命頂きましたので、TimeMachineにてバックアップも取っていきます。

バックアップ中。

バックアップ中。

こちらにて完了です。ご利用ありがとうございました。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください