【パスワード忘れ】iPhoneは一度はiTunesにつなぐべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

iPhoneを買ったら一度はiTunesにつなぐべし!
「パスワードを忘れてiPhoneを使う事ができない」という問い合わせは思ったよりも多いです。
その際、一度もコンピュータにつないでiTunesに同期したことのないiPhoneやiOS機だと、10回目のパスコード間違いで、復旧する全ての手立てを失います。そうなると中にある大事なデータを取り出す方法はありません。(iCloudをご使用であれば有る程度はデータがバックアップされている可能性はあります。)
iOS:パスコードを忘れた、またはデバイスが使えなくなった場合

まず、6回間違うと「1分後に再度試してください」という上記写真の画面が表示されます。それから間違うごとに時間が長くなっていき、10回間違うとロックされてしまいます。そして同期をしたことのないiPhoneは工場出荷状態に「復元」する手立てしかなくなります。データを全て消す作業です。
iPhone、iPad、または iPod touch のパスコードを忘れた場合、またはデバイスを使用できなくなった場合
それが過去に一度でもiTunesの入ったコンピュータと同期していると、そのiTunesに繋げばこのパスコードロックを解除することができるのです。とはいえ、結局わからないパスコードを入れて試し続けなければならないのでは?!…と言う方、ご安心を。同期したiTunesだと、復元前にバックアップをとってくれますので、そのまま復元の作業をすれば、復元後にはパスコードは解除されたカタチで起動させることができます。
「もしかしたらこのコンピュータで同期したかも?」というお客様にコンピュータをお持ち頂いたところまさしくこのパターンが適合、無事データを残したまま復旧することができました。

 ご自分でコンピュータを持って無くても、周りには一人はコンピュータを持っている人はいるはずです。家族の、友達の、会社のと、どんなパソコンでもいいので、一度iTunesに同期させているとよいです。ちなみに破損や水没で動作はするが画面表示のできないiPhoneにも、同期さえしていればデータの復旧が望めます。
また、iCloudのパスワード忘れはどうあっても解除不可(盗難防止のセキュリティ機能ですので当たり前。くれぐれもオークションなどで出ているアクティベーションロックのiPhoneはその先iCloudでロックされている可能性がありますので購入なさらないように)、機能制限は復元時にも継続して機能制限かかったままで復元されますが解除可能(コツがいります)です。お気軽にお問い合せ下さい。

SNSでもご購読できます。