スマホは修理できますが、壊れた体は簡単に治せません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

唐突ですが「最近、頭痛、肩こりが激しい」という方いらっしゃいませんか?スマホをお使いの方は、その原因が、日頃お使いのスマホにある可能性が高いと考えられます。下記の記事を読むと毎日嬉々として使っているばかりだとちょっと怖いなと思わされました。
頭痛、肩こりの原因 → スマホを使う姿勢

この海外の記事での診断は「後頭神経痛」となっています。容態はかなり深刻なようで、冒頭をぬきだしてみますと、

何ヶ月か前から頭痛が始まって、ちょっと普通の痛みじゃないんですよね。
二日酔いが「割れる」ような痛みなら、これは「焼けつく」ような痛みで。真っ赤に焼けた鉄の棒で頭をぶん殴られて痛みが頭蓋骨全体を稲妻のように駆け抜ける感じなんです。
神経学の専門医に相談にいった時には、もう死を覚悟してました。大げさだけど、本気です。ちょうど2年前にいとこが脳のがんと診断されたばかり(頭痛がひどくて診察に行ったら、脳腫瘍が原因だった)なので。あれ以来、うちでは脳関連のことにひどく敏感になってるんです。まさかとは思ったけど、2週間前ニューヨーク大学附属病院の待合室で待ってる時には最悪の事態を想定して、握りこぶしに我知らず力が入ってました。

スマホで後頭神経痛。注射20回の地獄を見てきました
とのこと。詳しくはリンク先を読んでみてください。
別記事を探すと「ストレートネック」という名称もありました。ストレートネックがひどくなると後頭神経痛と呼ばれるものになるのかもしれませんね。下記サイトではスマホ以外にも原因をあげています。うつむき姿勢になることが多い現代人は ストレートネックになりやすい
先の記事によるとスマホを使う時の理想的な姿勢は下記の様な姿勢だそうです。直立不動に近いですね。私ら40代の老眼世代からだと見えないので自然とこういう姿勢だったりしますが(笑)

現代社会はキーボード、マウスで腱鞘炎になり、スマホではストレートネックになる。電子機器は便利ですが、体をこわしてしまっては元も子もありません。自分なりのルールを決めてお使いになることをおすすめします。スマホは修理できますが、壊れた体は簡単に治せませんので。

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。