OSXを10.10.3にアップデートすると…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

Yosemite(OSX 10.10.3)にアップデートすると、強制的に「iPhoto」から「写真」というアプリを使用するようにお勧めされます。ドックのiPhotoのアイコンが「写真」のものに置き換わるのです。(アプリケーションフォルダにiPhotoは残っていて起動もできました。今気づいたのですが、iMovieHDバージョン6.0.3のアイコンに進入禁止のようにペケが付いています。これは起動しないということですね)
ということで、早速「写真」を使ってみました。基本の使用方法は変わらないのですが、困ったことが1点。
写真を加工して使おうと別の画像編集ソフトで開くためにファイルを掴んでドラッグドロップしても、別アプリでそれを直接開く事ができないのです。これでは作業効率がかなり落ちてしまいます。iPhotoの時はできていたのに。(画像編集ソフト側で「開く」のダイアログにぶつけても反応無しです)

先日有料写真管理編集ソフトの「Aperture」も無くなるという話がありましたので、iPhotoもこのまま収束ということになるのでしょうが、早急に改善をして欲しいですね。

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。