SIMが取り出せなくなった場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「SIMがとれなくなりました」とお持ち込み頂くことがありますが、思ったよりもお困りの方多い様です。
SIMが中でひっかかって出てこない理由として、
SIMのサイズが変わった場合などサイズを揃えるためのSIMアダプターを使う場合に多く見られる気がします。
それが、SIMスロット内部の接点金具のバネ部分にひっかかり取り出せなくなるのです。
無理矢理引き抜くとたいていの場合、接点金具も一緒に引き抜いてしまうことが多い気がします。抜き出すには、
SIMスロットの接点金具がある側に薄いヘラの様なものを差し込んで接点金具を軽く押さえている間にそっと引き抜くというのがポイントかと思います。
その他、
・入れる方向を間違えた。
・SIMトレーを使わずに入れてしまった

などというパターンもありますね。
こちらはSIMトレーなしで中に入れてしまい、SIMトレーでさらに押し込んでしまったXperia Z4です。

SIMトレーがメモリを一緒に載せて中に入れるタイプでしたので、基盤を外してのSIM取り出しになりました。
こちらのGALAXY Tab 7.0 Plus SC-02Dは、ネットを見る限り「SIMアダプターは使わない様に」とよく書かれています。

取り出しの際引っ掛けてしまうユーザーさんが多いということでしょう。しかしピンセットなどを使ってもSIMスロットの入り口が小さいため、なかなか取り出せないのです。当店でも途中まで分解をしたもののSIMスロットは直接みるにはかなりの分解が必要というのが判明しましたので、そのままの状態で取れないのか作業をすすめたところなんとか取ることができました。しかし、SIMスロットはすでにおかしくなっていて、反応することはありませんでした。
以前にも、SIMロックを解除するSIMゲタを利用したためにSIMスロットから取れなくなり、ご自分でこじって取り出そうとして、本体側のSIMスロット基盤を壊してしまったお客様がいらっしゃいました。SIMを認識できない端末はアクティベートできず、置物と化してしまいます。慎重に作業されてください。
どうしても取れなくてお困りの方はいろいろお試しになる前にお気軽にお持ち下さい。

No tags for this post.
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。