SHARP Android One S3 SIMフリー 基板入れ替え

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「この機種の画面修理は可能ですか?」とお持ち込み。

どんなスマホ機種でも

「部品さえ入手出来ればなんでも治せます」

とお答えしているのですが、

今回はジャパンのSHARP製、こちらの部品だけの入手はできないため、動作品から

臓器提供ならぬ部品提供

をしてもらうことになります。メモ的ブログにて残します。

割れてるのわかりにくいですが、割れています

割れてるのわかりにくいですが、割れています

さて、ドナー機の手配

がつきましたので、お客様に実機を再度お持ち込みいただき作業にはいります。

裏蓋を外した所、防水用のシートだと思われます。

裏蓋を外した所、防水用のシートだと思われます。

シートを剥がしました

これは上部の内部フレームをはずせばいけるかな?

これは上部の内部フレームをはずせばいけるかな?

4つのネジをゆるめて内部フレームを外しました。

○の部分のコネクタ、金属板を外します。

○の部分のコネクタ、金属板を外します。

青字で書いた部分に「ツメ」があるので、この押さえをゆるめて基板を外していきます。

アンテナも忘れずに外してください。

 

ガラガラになりました

ガラガラになりました

同じ手順をドナーでも繰り返し、基板の載せ替えを行っていきます。

 

全て組み上げて行く際、

ちょっと不親切だなあと思うこと

がありました。

 

これちょっとわかりにくいです

これちょっとわかりにくいです。

というのも

誤って、うらに入れたり、SIMカードだけ入れこんだり、世の中想定外の動きをする人かなりいますので、できれば

同じ向きの図柄だといいなあ。

と思いました。

イラストに合わせた向きはこうです。

イラストに合わせた向きはこうです。

ということで完了しました。

ぴっかぴかです

ぴっかぴかです

 

左がもとの割れた本体、右が新しく生まれ変わった本体

左がもとの割れた本体、右が新しく生まれ変わった本体

割れていた本体も動作はしていたので、なにか合った際の部品取りができる可能性があります。そちらもお渡しして全ての作業は完了です。

ご利用ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseSpanish