iMac (Retina 4K, 21.5-inch, 2017) NVMe SSD化 メモリ増設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「Adobeのアプリ起動等が遅く、動作がもっさりして、購入当初よりかなり遅いです」とメールにてご相談を頂きました。

元々のマシンはFusion Driveです。これまで交換してきた中でも21.5インチに積まれている2.5インチHDDはなぜかかなり速度が遅いですよね。(HTS541010A9E632)速くしたいとのことですので、SSDヘの交換をお薦めしていきますが、その前にドライブの速さチェックしてみましょう。

FusionDriveは速度にムラがあるんですね。

FusionDriveは速度にムラがあるんですね。

READ 1400MB/s なら決して遅くはありません。ただFusionDriveはテスト内容によってムラがあるようですね、下段は10も出ないことがある?。ここまで極端に速度が違うのはHDD側のキャッシュが8MBのせいなのでしょうか。確認はこの位で。

Adobe系のアプリ

を使うと言うことであれば、メモリは多いに越したことはありません。8GBから16GBにしたいとのことでしたがAdobe系以外もいろいろ起動している上、今後は動画もやってみたいと言うことでした。そう増設などもしませんので32GBでご了解をもらいました。

メモリを増やすのなら、基板を外してウラ面にアクセスする必要があります。オモテのHDD接続用のSATAではなく、最近価格が下がってきているNVMeへより速いSSDを積むことを提案、こちらもご了解をいただくことができました。

21インチの画面を開けた所。

21インチの画面を開けた所。

 

ファン、HDD、電源の順で外しました。

ファン、HDD、電源の順で外しました。

先にメモリ交換しておきましょう。

メモリも交換します。上の黒いラベルが純正品。

メモリも交換します。上の黒いラベルが純正品。

 

基板ウラの純正SSD。大きいですが32GBしか有りません。

基板ウラの純正SSD。大きいですが32GBしか有りません。

大きいのは放熱効果も狙ってのことでしょうか?

大きいのは放熱効果も狙ってのことでしょうか?

 

670p SSDPEKNU010TZX1

670p SSDPEKNU010TZX1

9月現在、3500 MB/s 2500 MB/sで、まあまあ速いコスパの良いSSDだと思います。速くなりますと発熱も気になる所です。ヒートシンク付けましょう。

6mmのヒートシンクだと高すぎますね

6mmのヒートシンクだと高すぎますね

21インチは低めがいいかもしれません。

3mmのヒートシンクでいきましょう。

3mmのヒートシンクでいきましょう。

 

ちょっとドキドキしましたが、干渉せず収まりました。

ちょっとドキドキしましたが、干渉せず収まりました。

さて、組み直してインストール作業です。

無事認識しています。INTELの下にある「disk1s2」はFusionのかた割れのHDDです。

無事認識しています。INTELの下にある「disk1s2」はFusionのかた割れのHDDです。

Fusion Driveの片割れHDDはデータ置き場としてそのままフォーマットして使用することになります。

それではTimeMachineから復元をして行きましょう。

それではTimeMachineから復元をして行きましょう。

あれ?

エラーになりましたね。起動したOSXのマイナーバージョンが古かった?

エラーになりましたね。起動したOSXのマイナーバージョンが古かった?

 

Big Surをインストールして、移行アシスタントを使ってユーザー移行します。

Big Surをインストールして、移行アシスタントを使ってユーザー移行します。

 

TimeMachineバックアップを確認します。

TimeMachineバックアップを確認します。

 

データ転送開始しました。

データ転送開始しました。

 

完了しました。

完了しました。

早速SSDの速度確認してみましょう。

常時この速度なら問題有りませんね。

常時この速度なら問題有りませんね。

ちなみに2013 iMac 27のみPCIe 2.0 x 2、2015 iMacはPCIe 2.0の4レーン、2017 iMacからはPCIe 3.0の4レーンです。2012モデルまではSATAです。

メモリ増設とFusion DriveをSSDへ取り替えて動作さくさくのマシンに生まれ変わりました。

ご利用ありがとうございました。

参考:

インターフェースの基礎知識 ~SSDのインターフェースを理解する 1~

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください