iPod classic 160GB MC297LL/A 充電口 バッテリー交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「充電ができなくなりました。100均のケーブルがだめだったんですかね」と宜野湾市よりお持ち込み。

100均のケーブル

は、ほぼほぼダメです。これまでもたくさんのデバイスが犠牲になっています。

見ると、中でピンが折れておりましたので、充電口の交換が必要です。

早速分解していきます。

ここまで10分かからないくらいです。

ここまで10分かからないくらいです。

 

下部の充電口を交換していきます

下部の充電口を交換していきます

 

きれいに外せました

きれいに外せました

で、作業がのりにのった時は、写真を撮るのを忘れるのです…

なぜ繋いだ所の写真を撮ってないのか。忘れただけです。

なぜ繋いだ所の写真を撮ってないのか。忘れただけです。

純正充電ケーブルも在庫限りです。

接続充電もバッテリー駆動も問題有りません。作業完了です。

お子様とパチリ

お子様とパチリ

作業としては30分〜1時間程度の作業になります。

せっかくですので、開けたついでにバッテリーも交換とのことでしたので、2箇所交換を行いました。また原因となった100均のケーブルをまた使うともともこもないので、ケーブルも当店にて新調されました。

「新しいiPodにしても良いのだけど、容量が160GBは捨てがたいので…」とのことで古いiPod classicをお使いだそうです。あとはHDDが壊れなければまだまだしばらく現役で使えるでしょう。

ご利用ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Chinese (Simplified)Chinese (Traditional)EnglishFrenchGermanItalianJapaneseKoreanPortugueseSpanish