水没 MacBook Air 13 2017 充電出来ない バッテリーショート 交換修理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「MacBookAirに大量に水をこぼしてしまい困っています。」とご相談。いつもお使い頂く企業様よりのご紹介です。

内部が濡れていると電源は入れられないので、すぐにばらして基板チェックをしていきます。

濡れてはいますが、目視で基板自体に腐食は見られません。

濡れてはいますが、目視で基板自体に腐食は見られません。

主要箇所の洗浄〜乾燥後、チェックしますと、バッテリーに異常がでているので、バッテリーを取り替えてチェックしていきます。

バッテリー駆動も含めてチェックしています。

バッテリー駆動も含めてチェックしています。

今回は無事復旧しましたが、Wi-Fiカードを認識していません。Wi-Fiカードを交換しても認識しませんでしたが、下のWi-Fiカードに戻し、ターミナルを使って強制的に認識させてみると、うまく動くようになりました。

正常起動しています。

正常起動しています。

水没したマシンは処置後問題無くても、上記のWi-Fiカードの様に動作不良になることもありますので、その旨をお客様にお伝えしてしばらくを見て貰うことになります。

テレワークが多くなり、水没のお問い合せが増えております。コンピュータを使う場合には、必ずバックアップを取ることと、飲み物の取り扱いには要注意してください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください