Lenovo IdeaPad Slim 5 液晶アセンブリ側ヒンジ台座の破損 ネジを貫通させて止める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

船旅で沖縄にやってきたオーストラリアからのお客様が飛び込みでいらっしゃいました。

ヒンジがグラグラしますが、動作には問題がない様です。

液晶画面自体には問題なさそうです。

液晶画面自体には問題なさそうです。

ヒンジの開け閉めにはかなり気を使わないと壊してしまう様な状態。ヒンジの穴径に適合する手持ちのネジ部品がなく、当店側で預かることのできる時間=作業時間にも限りがありましたので、一度はお断りをしかけたのですが、開いたままの液晶だけでもどうしても閉じる様にして欲しいとのことでした。

さすがに閉じるだけで終わるわけにもいかないのでメイクマンなどでネジを探す旅から始めることになりました。

ネジを探す班は出かけていきましたので、作業別班は、早速裏蓋を開けて準備です。

ヒンジの金具がとびでています。

ヒンジの金具がとびでています。

 

ヒンジ部を取り外しました。

ヒンジ部を取り外しました。

 

ネジとドリルチップとリューター

ネジとドリルチップとリューター

 

天板側液晶の下、プラスチックフレームに穴を開けます。

天板側液晶の下、プラスチックフレームに穴を開けます。

今回右の赤丸の位置は台座がないため開けないことにしました。3本から2本へと強度は減るかもしれませんが、樹脂で固める時間もないため致し方ないと判断。

少し時間をおいて、ネジ調達班がなんとか使えそうなネジを入手してきましたので、作業を続けます。

2箇所で稼働させても問題はない様です。

2箇所で稼働させても問題はない様です。

 

裏蓋を閉じる前にたまった埃はきれいにします。

裏蓋を閉じる前にたまった埃はきれいにします。

 

外から見るとこんな感じ

外から見るとこんな感じ

その日で返却してお客様にもお喜びいただくことができました。

ご利用ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください