MacBook Pro (13-inch, Mid 2012) トラックパッドのクリックができない バッテリー膨張 交換

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「なぜかトラックパッドが押せなくなりました」と飛び込みでご来店のお客様。

確かに押せません。

この機種でトラックパッドが押せなくなった場合の原因はたいていバッテリーの膨張によるものです。

今回の事例の画像ではわかりくにくいのですが、ひどい事例ではトラックパッドを割ってしまっていたのもありました。

内部で膨張しているバッテリーが内部からトラックパッドを押し上げています。

内部で膨張しているバッテリーが内部からトラックパッドを押し上げています。

リアパネルを外していきます。

ネジを1個はずすとバイーン!とまでは行きませんが自然に浮いてきます。

ネジを1個はずすとバイーン!とまでは行きませんが自然に浮いてきます。

これで確実にバッテリー膨張とわかるのですが、今回のは現物と新品を比較してもあまりはっきりとはわからない程度ですね。

新しいバッテリーに交換して様子をみます。

新しいバッテリーに交換して様子をみます。

 

問題無くクリック出来るようになりました。

問題無くクリック出来るようになりました。

 

バッテリーのキャリブレーションも完了しました。

バッテリーのキャリブレーションも完了しました。

こちらで作業完了です。

ご利用ありがとうございました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください